インプラントとブリッジどちらの方がいいのか

歯を失ったあなたへ…あなたにとってベストの治療法を見つけるお手伝い引き受けます!

ブリッジの利点と欠点について、調べてみた!

ブリッジの意外なメリットをレッツリサーチ

意外と知られていないブリッジのメリットは以下の通りです。
まず、大掛かりな手術が不要で、体に優しいです。それでいて、入れ歯よりも快適な装着感が見込めしっかりと噛めます。
また、インプラントよりも簡単に保険が適用でき、治療費が安く済みます。土台にする歯さえしっかりしていれば、大きなブリッジでも保険適用で安く入れられます。
しかし、保険適用のためには多くのルールがあります。代表的なものは以下の3つです。
1,保険適用で白い義歯(プラスチック)にできるのは犬歯より前側の歯まで。
2,犬歯よりも奥の歯では、保険適用になるのは金銀パラジウム合金,銀合金,ニッケル合金のみ。(白い奥歯は自費です)
3,保険適用になるのは、欠けた歯が連続しているのが2本以内の時のみ。
因みに、自費診療では、より美しいセラミック義歯や、より精密で口腔内に溶け込みやすい色の白金加金の義歯などを利用でき、さらに満足度の高い治療ができます。

ブリッジのデメリットを確かめてみよう

ブリッジにも、もちろんデメリットが存在します。
その中で最も大きなものは、ブリッジをかける土台を作るために、隣の健康な歯をたくさん削らなければならないことです。
もちろん、残った歯には大きなダメージが及び、将来さらに多くの歯を失ってしまう危険性があります。しかし、最近ではこのブリッジ最大の欠点である歯を削る量の多さについて各医院で改善が図られています。たとえば、奥歯のブリッジの場合、土台にする歯の全てではなく、半分だけ削るだけで良いようにするなどです。
さらに、ブリッジでは、残っている歯を利用して義歯を支えます。このため、入れ歯やインプラントとは異なり、歯があまり残っていないときは治療が難しく、時間も多くかかってしまいます。たとえば、先ほど述べたように、失った歯の隣の歯も傷んでいて歯根しかないというような時は、土台を作る工程が追加されて、治療難度が上がり、治療にかかる時間も長くなってしまいます。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る